スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


星の海で・・・ 

昨日一冊の本を購入してきた。

 

『スペースオペラの読み方』野田昌宏・著

 020932.jpeg

帰宅後食事までの時間、なにげなく手に取りカバー折り返しを見てみると・・・

著者2008年没の表記が。

あわててパソコンで検索してみると今年の6月にお亡くなりになっていたようです。

今日まで知らずにすごしていた事に後悔とショックを受けてしまいました。

 

 

人生を左右する書籍との出会いと聞くと、何か高尚な文学作品とかを連想するかもしれませんが、私の場合野田さんの一連の翻訳SFや著作群になります。

野田さんはSF関係の翻訳家・収集家・作家・研究家の顔とTVマンとしての顔の二つの道でそれぞれ大きな仕事をされて来た方で、SF関係の仕事としては以前このブログでご紹介した『キャプテンフューチャーシリーズ』を始め、スペースオペラの翻訳・啓蒙に尽力されて来ました。

作家としても『銀河乞食軍団シリーズ』の著作のほか、私の一番のお気に入り『レモン月夜の宇宙船』などのSF作品、またNASA通でも知られる通り多くの宇宙関係書籍なども残されています。

 

969b1847.jpg 

 

TVマンとしての作品は(少々古くなりますが)『日清ちびっこのど自慢』や『スター千一夜』「『ひらけポンキッキ』((ΘoΘ;) ガチャピンの生みの親・モデルとして『トリビアの泉』でも紹介されていましたね)『料理の鉄人』『クイズ$ミリオネア』など等枚挙にいとまがありません。

天は二物を与えられたのですね。

宇宙探査船ボイジャーが天王星・海王星に接近したときはTVに出てきて解説なんかもされてましたっけ・・

 

私は野田さんと出会い、その温かみの有るキャラクターに、虚実織り交ぜたユーモラスな作風に、SF研究家としての切り口に、宇宙とテレビにかける情熱に強い影響を受け、青春時代をすごして来ました。

私は野田さんに出会い、物語を読む楽しさ、物語を作る楽しさに目覚め、あれやこれやと小説もどき・プロット等をノートに書きとめる創作活動が趣味の一つになって行きました。

下手の横好きでしたが、元々マンガやアニメが好きだった私はその後『ぼくの初体験』(弓月光・著)や『宇宙戦艦ヤマト』と出会い「よーし!少女漫画家をめざすぞー!」「いやいや、アニメーターも捨てがたいな」等と妄想を膨らませて行き、アニメ業界に身をおいた時期もありました。

野田さんと出会わなければ、マニアックな趣味に走る事もなくまた違った人生を歩んでいたかもしれないと思うと・・・なんだか胸がいっぱいになってきます。

 

 

野田さん・・・今日まで訃報に気づかずごめんなさい><。

 

 

どうか安らかに・・・星の海で私たち元SF少年をいつまでも見守っていて下さい。

 

 


スポンサーサイト

[2008/08/28 22:48] オタクのお宅 | TB(0) | CM(6)


ルルーシュにはまっています^^; 

今週末のPTA懇談会にむけ資料作りにいそしむあっちゃんです(;´д`)

 

 

この木曜・金曜は小学校の校区内の全町内で、一斉にPTA懇談会が開かれます。

 

PTA役員はPTA活動の報告などの為、自分の町内ならびにもう一町内の懇談会に出席する事になっており、この数日資料などをちょろちょろと確認しておりました。

 

いろいろとPTA活動についての質問などもあると聞いており過去の資料の再確認と言う感じなんですけどね^^;

 

懇談会の二日間はパンヤにINしずらいかと思い、週頭はINしたかったんやけど・・・出来ませんでした><。

 

表題の通りアニメ【コードギアス】にはまってしまった為です(あせ)

 

資料をモニターに開けながら最初は横目でちらちら見てたんやけど、気が付けばどっちが本題か分かんない様な状態に(ひょえ)

 

まぁ正直40代のおっちゃんがはまるジャンルのアニメではないとは思うんやけど(気まずい)

 

σ(゜・゜*)ンート・・・おっちゃんのつたない説明なんで間違ってたらファンの皆様ごめんなさい┏○ペコ

 

つーかwきっと間違った説明なんで許してください(かなし)

 

ジャンルとしてはSFロボットアニメっす♪

 

世界の1/3やったかを支配するブリタニア王国(世界地図的にはアメリカかぁw)つーのが日本に攻めて来て、日本は侵略されている世界の話し。

 

日本人は11(イレブン)と呼ばれ、もー奴隷のような生活をおくっております(うる)

 

ブリタニアの皇帝がもーいけすかないおっさんでしてw「力が正義!弱いやつはひれ伏しとけ!」みたいな事平気でおっしゃいますw

 

声はサザエさんのアナゴ君の人でして・・・ええ味だしてます(´▽`*)ウハハ

 

んでw日本に住んでるブリタニア人の青年(高校生くらいかな?)ルルーシュがひょんな事から、軍が極秘で研究している謎の少女(ほんとは老婆らしいw)C.C(シーツー)と出合った為に軍に命を狙われちゃいます…o(;-_-;)oハラハラ

 

もうあかんわぁ><と言うときにルルーシュはC.Cと契約をかわし不思議な能力を身に付けます。

 

瞳に宿る【ギアス】と呼ばれるその能力は、見つめた相手を自分の思い通りに動かせる絶対命令能力( ゚Д゚) ムホー

 

ルルーシュは素性を隠して【ゼロ】と名乗り、その能力でイレブンのテロリストを指揮し、ブリタニア転覆を目指します。

 

目と足の不自由な、愛する妹ナナリーが安心して住める世界を作るために・・・

 

まぁ大雑把(すぎるかな^^;)に言うとこんな感じの話しなんやけど、ここにルルーシュの父親であるブリタニア皇帝(アナゴ君)への憎しみとか(おかんが死んでるんやけどこのおっさんが犯人臭いし、ナナリーの怪我もその時のせいやったり)友人で日本人ながらブリタニアの軍人やっちゃってるスザクとの戦いとか、そもそもC.Cとは何者なのかとかいろいろてんこ盛りで展開します。

 

ただ・・・・

 

ルルーシュのやり方がえげつない(>▽<;; アセアセ

 

もう、手段選ばないつーか、目的のためなら人は(自分の大事な人以外は)バンバン殺しちゃうし、謀略ははりめぐらすは、もうやりたい放題(あせ)

 

まぁ、そこが面白いんやけどね(´▽`*)アハハ

 

それでも見ていてルルーシュに感情移入できるのは、妹ナナリーへの強い思いがうまく表現されてるせいやと思います。

 

ちょっと怖くて覗いてないんやけど、きっとネット上ではルルーシュ派とスザク派で熱いバトルが展開中と脳内妄想中(´ ▽`).。o♪

 

ちなみにあっちゃんはルルーシュ派(ん)

 

まぁ、実際にこんな子おったら「なんかうさんくさいやっちゃなぁ~」って相手にしないと思うので、あっちゃん一発でギアスかけられておだぶつでしょうが・・・○| ̄|_

 

 

さぁ君はどっち派だ? m9っ`Д´)ヘキサゴン!!

 

 

見た事ある人いたら教えてね( ̄m ̄* )ムフッ♪

 

 

 

 

そう言えば昔春ちゃんに・・・

 

「デスノートはライト派?L派?」

 

って聞かれたの思い出しちゃった(#^_^#)

 

さぁ君はどっち派だ? m9っ`Д´)ヘキサゴン!!

 

 (いつもながらしつこいかw)



[2008/06/26 00:13] オタクのお宅 | TB(0) | CM(8)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。